金を売るなら?うまく売るための手順とポイント【練馬区 買取】

query_builder 2024/06/10 練馬区 買取 高価買取 査定 ブランド品

古いジュエリーや使わなくなった貴金属は、意外な価値が眠っていることがあります。本記事では、そんな貴金属、特に「金」を売る際の手順や注意点についてご紹介しています。売るタイミングや選ぶべき買取店の選び方、売り方まで、幅広く解説しています。


【買取 出張買取 対応エリア】東京都 千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 渋谷区 豊島区 荒川区 北区 板橋区 足立区 葛飾区 江戸川区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 中野区 杉並区 練馬区 羽村市 立川市 東大和市 東村山市 国分寺市 多摩市 西東京市 八王子市 町田市 三鷹市 国立市 小金井市 清瀬市 調布市 武蔵野市 昭島市 日野市 あきる野市 埼玉県 さいたま市 神奈川県 川崎市  旭丘 旭町 大泉学園町 大泉町 春日町 上石神井 北町 向山 小竹町 栄町 桜台 下石神井 石神井台 石神井町 関町東 関町北 関町南 高野台 高松 田柄 豊玉上 豊玉北 豊玉中 豊玉南 土支田 中村北 中村南 中村 西大泉 錦 貫井 練馬 羽沢 早宮 光が丘 氷川台 東大泉 富士見台 平和台 南大泉 南田中 三原台 谷原 【買取品目】バッグ、貴金属、宝石、ブランド品、時計、切手、金券、骨董品、カメラ、楽器、酒、着物、毛皮、記念コイン、古銭、テレホンカード、洋酒、ホビー、スマホ、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、ガスコンロ、電子レンジ、掃除機、エアコン、炊飯器、パソコン、ミシン、マッサージチェア、IHコンロ、ノートPC、空気清浄機、Blu-ray、タブレット、時計、食器、雛人形、健康器具、家具、靴、

買取のやまとや
買取のやまとや
お客様が安心して不用品売却ができるよう、丁寧な査定を心掛けて買取を行っています。拠点の練馬区より無料にて出張査定をいたします。「値段が気になる」とお考えの方はお気軽にお問い合わせください。
買取のやまとや
住所:

〒178-0064

東京都練馬区南大泉1-47-11

電話番号:
050-3575-8108

金を売る前に知っておくべきこと

金を売る前に、まずは基本知識から押さえていきましょう。

金の価値を知る

金を売る前にまず知っておくべきことは、金の価値についてです。金の価値は重さだけでなく、純度と現在の金相場によって変動します。純度は金の質を示し、相場は世界的な需要と供給による価格を意味します。

金の純度は「K」という単位で表され、24Kが最も純金に近い形です。一般的に、純金は柔らかく耐久性に欠けるため、実用品としては使われません。一方、18Kや14Kなどの金製品は、他の金属との合金として作られています。

金の価値はその純度と現在の金相場によって決まります。金相場は日々変動するため、売るタイミングによって査定額が変わることもあります。また、国内外の政治情勢や経済状況、金の需要と供給のバランスなども金相場に影響を与えます。

金を売るなら、まずは金の価値を把握しましょう。現在の金相場をチェックすることで、売るタイミングを見極めることができます。また、自分の持っている金製品の純度も確認し、それに基づいて適切な査定価格を求めることが大切です。

金を売るなら、まずは基本的な知識を持つことが必要です。価値の把握と適切な査定を行うために、金の価値を知ることは非常に重要です。

金製品の種類

続いて、金を売る際に知っておきたいのが金製品の種類です。金製品には様々な種類がありますが、それぞれに異なる価値があります。

一つ目は金貨です。金貨は金の純度が高く、貴金属としての価値が高いことが特徴です。歴史的な価値や希少性も考慮され、コレクションとしての需要もあります。金貨はそのままでの保管や売却もできるため、資産としても活用されます。

二つ目は金の装飾品です。金のネックレスや指輪、ブレスレットなど、身に着けるためのアクセサリーが該当します。金の装飾品はデザインや加工技術によっても価値が異なります。一般的には18Kや14K程度の純度が多く、ファッションアイテムとしても人気があります。

三つ目は歯科用の金です。歯科治療で使用される金は、金歯やブリッジ、インレーなどがあります。歯科用の金は高い純度を求められるため、価値があります。ただし、使用済みの歯科用の金は再利用することが難しい場合もあるため、査定時に注意が必要です。

他にも金の箔や金の製品が存在しますが、それぞれの種類によって需要や価値が異なることを覚えておきましょう。金製品の種類について理解することで、売る際に適切な査定を受けることができます。

金を売るなら、まずは自分が持っている金製品について知識を深めておきましょう。その純度や状態、デザインなどによって査定価格が変わることがあります。正確な査定を受けるためにも、金製品の種類について理解しておくことが重要です。

金を売る時期

金を売る上での重要なポイントは、タイミングです。

金相場をチェック

次に、金を売る際に重要なポイントである金相場のチェックについてご紹介します。

金相場は日々変動しており、売るタイミングによって査定額に大きな影響を与えます。そのため、金を売るなら金相場を定期的にチェックすることが必要です。

金相場は世界的な需要と供給のバランスや経済状況、政治情勢によって左右されます。経済不安が高まったり、インフレが進行したりすると、金の需要が高まります。一方で、安定した経済や金融政策の改善などが見込まれると、金の需要は低下する場合もあります。

金相場をチェックする方法はいくつかあります。まずはインターネット上で公表されている金価格を確認することが簡単です。金相場は主要な金取引所や金市場で定められており、それらの情報は一般に公開されています。

また、金取引業者や金買取店も金相場情報を提供していることがあります。利用する業者によっては、スマートフォンアプリやウェブサイトで金相場をリアルタイムで確認することもできます。

金相場をチェックする際には、複数の情報源を参考にすることが重要です。異なる情報源から得られる金相場は微妙に異なることがあります。そのため、信頼できる情報源を複数使い、相場のトレンドや変動を把握することが大切です。

金相場を把握することで、売るタイミングを見極めることができます。相場が高値に近づいた時に売ることで、より高い価格での売却が可能となります。ただし、相場の変動は予測困難なこともあるため、長期的なトレンドを重視しつつ、自分の判断で売るタイミングを決めることが重要です。

金を売るなら、金相場のチェックは欠かせません。相場の動向に敏感になり、適切なタイミングで売ることで、より利益を上げることができます。

金の需要が高まる時期

さらに金を売る際に注意したいポイントとして、金の需要が高まる時期について考えてみましょう。

金の需要は季節やイベントによっても影響を受けます。特に祝日シーズンや年末年始、結婚シーズンなど、多くの人が贈り物やアクセサリーを購入する時期には金の需要が高まります。また、特定のイベントやフェアなどで金製品の販売促進が行われることもあります。

金の需要が高まると、買取店や業者も積極的に金の買取に乗り出すことがあります。そのため、金を売るなら需要が高まっている時期を狙うと、より高い買取価格を期待できることがあります。

金の需要が急激に高まる時には、金相場が一時的に上昇することもあります。経済情勢や政治情勢の不安定さ、通貨価値の変動などが要因となって金相場が上昇することがあります。このような場合、相場が高値に近づいた時に金を売ることで、より高い利益を得ることができるかもしれません。

ただし、需要が高まる時期や金相場の上昇も予測困難な要素があります。そのため、相場に一喜一憂するのではなく、長期的なトレンドや自分の状況を考慮しながら売却タイミングを決めることが大切です。

金を売るなら、需要が高まる時期を意識して行動しましょう。祝日やイベントが近づいたら早めに査定を依頼し、需要が高まる前に売ることでより利益を上げることができます。しかし、需要の変動や相場の不確定性には注意し、冷静に判断することも重要です。

買取店の選び方

出張買取が可能なお店から、大型店舗まで、選べる買取店は様々です。

評判と信頼性

次に、金を売る際に重要な要素である評判と信頼性についてご紹介します。

金を売る際には、評判や口コミをチェックすることが大切です。なぜなら、金を買い取る業者の信頼性や査定の公正さを知ることができるからです。

まず、信頼できる業者を選ぶためには、口コミや評判を調べることがポイントです。インターネットやSNSを利用して、他の人の体験や意見を確認することができます。特に、実際に金を売った人の声や評価を参考にすることが重要です。

他の人の口コミや評価を見る際には、情報の信憑性や主観的な要素も考慮する必要があります。多くの人から高く評価されている業者は信頼性が高い傾向がありますが、それぞれの経験や意見には個人差があることも念頭に置いておきましょう。

また、業者のホームページや公式の情報源も参考にすることが重要です。業者自身が提供する情報や買取実績、対応方法などを確認することで、信頼性を判断する手がかりを得ることができます。

さらに、業者の経験や実績も重要なポイントです。長年の実績や信頼性の高い取引先との関係性がある業者は、安心して取引することができます。

信頼性の高い業者を見つけるためには、複数の業者を比較することもおすすめです。査定方法や価格の提示の仕方、対応の速さや丁寧さなどを比較検討することで、自分にとって最適な業者を選ぶことができます。

金を売るなら、評判や信頼性に注目しましょう。情報収集を十分に行い、信頼できる業者を見つけることで、正確な査定と公正な価格を得ることができます。安心して取引をするためにも、評判と信頼性を確認することをおすすめします。

査定方法と価格

次に、金を売る際に注意したいポイントとして、査定方法と価格について考えてみましょう。

金を売る際の査定方法は、業者によって異なる場合があります。一般的には、金の重さや純度を測定する方法が一般的です。また、金の装飾品や金貨の場合はデザインや状態も査定の要素となります。

査定方法は公正であり、客観的な結果を提供することが重要です。信頼性の高い業者は専門知識と経験を持つ査定員がおり、正確な査定を行うことができます。査定の際には、透明性や説明力がある業者を選ぶと良いでしょう。

また、金の価格についても注目が必要です。査定価格は金相場に基づいて決まりますが、業者によっては独自の価格設定を行っている場合もあります。価格の提示が適正かどうかを判断するためにも、複数の業者で査定を受けることが重要です。

査定価格が高額な場合には注意が必要です。査定価格が他の業者と比べて極端に高い場合、詐欺や不正な査定などの可能性があるかもしれません。公正な金相場や金の重さ、純度などを考慮した上で、適正な価格を提示してくれる業者を選ぶことが大切です。

金を売るなら、査定方法と価格についても慎重に考えましょう。信頼できる業者の査定方法は公正であり、正確な査定結果を提供してくれます。また、適正な価格を提示してくれる業者を選ぶことで、公正な取引が行えます。自信を持って金を売るためにも、査定方法と価格の透明性に注目しましょう。

適切な売り方

適切な売り方もまた、大切なポイントです。

下調べをする

次に、金を売る際に重要なポイントとなるのが下調べです。下調べをすることで、自分の持っている金の情報を把握し、適切な査定額を判断することができます。

まず、下調べの一つ目は金製品の種類と重量の把握です。金の種類によって価値や需要が異なるため、持っている金製品がどの種類に属しているのかを知ることが重要です。また、金製品の重量も査定額に影響を与える要素の一つとなります。自分の持っている金製品の種類と重量を事前に把握しておくことで、査定時に適切な査定額を判断することができます。

二つ目は金製品の純度の確認です。金の純度は査定額に大きく影響を与える要素の一つです。金製品には純金の他にも合金が含まれている場合があります。自分の持っている金製品の純度を知るためには、製品に刻印されている「K」の数値を確認するか、専門の業者で純度の測定を依頼することがおすすめです。

三つ目は金相場の把握です。前述の通り金相場は日々変動しており、売却したい時期によって査定額も変わることがあります。金相場を把握するためには、インターネットや各種メディアで公表されている金価格をチェックすることができます。常に最新の金相場を把握し、売却タイミングを見極めましょう。

下調べをすることで、自分の持っている金製品の情報を把握し、適切な査定額を判断することができます。金製品の種類と重量、純度の確認を行い、金相場の動向を把握することが重要です。適切な下調べを行い、より正確な査定と公正な価格を得るために努力しましょう。

多くのお店で査定を受ける

さらに金を売る際のポイントとして、多くのお店で査定を受けることも重要です。

金の査定価格は買取店や業者によって異なる場合があります。そのため、一つの店舗だけで査定を受けるのではなく、時間が許す限り複数のお店で査定を受けることがおすすめです。

複数のお店で査定を受けることによって、以下のようなメリットがあります。

まず、異なるお店の査定価格を比較することができます。査定価格はお店によって異なるため、一つの査定価格だけを参考にすることは適切な査定ができない可能性があります。複数のお店で査定を受けることで、適正な査定価格を見極めることができます。

また、複数のお店で査定を受けることで、信頼性や対応の良さなども比較することができます。査定時のスタッフの対応や査定の丁寧さ、分かりやすさなどもポイントとなります。自分が安心して取引できるお店を選ぶためにも、複数のお店を比較することが大切です。

しかしながら、複数のお店で査定を受ける際には注意点もあります。査定の際には金製品を渡すことになるため、信頼性の高いお店を選ぶことが重要です。評判や信頼性の高いお店を選び、査定時のプライバシー保護やセキュリティにも注意を払いましょう。

金を売るなら、多くのお店で査定を受けることで、より適切な査定価格と信頼性の高い取引先を見つけることができます。複数のお店を比較し、自分に最適な取引先を選ぶことで、安心して金を売ることができます。

注意点とトラブル対策

金を売る際には、注意点やトラブルに遭わないための対策も重要です。

不明確な査定額

次に、金を売る際に注意が必要なポイントとして、不明確な査定額について考えてみましょう。

金を売る際には、査定額を明確に提示してもらうことが重要です。しかし、中には査定額が不明確なままであったり、あいまいな説明がなされることもあります。このような場合には注意が必要です。

不明確な査定額を提示されると、正確な買取価格が分からないため、適正な価格で買い取られているのか不安になります。査定時には、金の重さ、純度、金相場などの要素が考慮されるはずです。ですが、査定員が具体的な理由や根拠を示さずに査定額を提示する場合には注意しましょう。

不明確な査定額が提示された場合には、査定員に対して明確な説明を求めることが重要です。査定額が具体的な根拠に基づいているのか、どの要素が考慮されたのかを確認しましょう。また、必要に応じて別のお店に査定を依頼して、比較することもおすすめです。

また、不明確な査定額を提示される場合には、自身の知識や情報を持って対応することも重要です。前もって金製品の情報を把握し、適正な査定価格を判断できるようにしておくことが大切です。金の重さや純度、金相場などを把握し、買取価格の妥当性を判断することができます。

金を売るなら、査定額の明確性を重視しましょう。不明確な査定額は疑問や不安を生じる可能性があります。査定金額については明確な説明や根拠が提示されることを求め、自身の知識と情報を活用して適正な査定価格を判断しましょう。

強引な営業

金を売る際には、強引な営業にも注意が必要です。

一部の買取店や業者では、金を売ることを急かすような強引な営業手法をとる場合があります。例えば、査定結果を急いで決めるように促してきたり、他の店舗での査定を否定するような言動をすることがあります。このような営業手法には注意が必要です。

強引な営業に遭遇した場合には、冷静に対応しましょう。自身の権利と利益を守るために、契約を急がず、十分な考慮時間を確保することが重要です。自身の気持ちに確信が持てない場合は、即座に売却を決断する必要はありません。

また、強引な営業に対して断ることも重要です。自身の意思をしっかりと伝え、無理な契約や取引には応じないようにしましょう。自身の権利を守るために、強引な営業に屈せず断固とした姿勢を持ちましょう。

金を売る際には、信頼できる業者を選ぶことも大切です。評判や口コミを参考にし、強引な営業手法を取らない業者を選びましょう。営業時の対応や査定の透明性、売却に関する説明などを事前に確認することで、より安心して取引をすることができます。

金を売るなら、強引な営業には注意しましょう。自身の意思を持ち、冷静な判断をすることが大切です。信頼できる業者を選び、自身の権益を守るためにも強引な営業には抵抗しましょう。

金を売る利点

最後に、金を売ることの利点について探ります。

現金化の早さ

最後に考えてみるべきポイントとして、金を売ることによる現金化の早さについてご紹介します。

金を売るというのは、その場で現金が手に入る最も手軽な方法です。他の財産や資産を売る場合に比べて、金の売却は比較的すばやく現金化することができます。

金を持っている場合、必要な時には簡単に売却することができます。金を買取店や業者に持ち込み、査定が行われれば、査定額が提示されます。査定額に納得すれば、すぐに金を売却し、現金を手にすることができます。

特に緊急時の資金調達には、金の現金化が有用です。予期せぬ出費や緊急の支払いが必要な場合に、手元の金を売ることで現金を手に入れることができます。銀行や金融機関での手続きや審査を待たずに、即座に必要な現金を手に入れることができるのです。

また、金を売ることによって眠っている資産を活用することもできます。使っていない金製品は、そのまま保管しておくよりも買取に出すことで新たな資産を生み出すことができます。金を売ることで得た現金を有効に活用し、将来の投資や生活費の足しにすることも可能です。

金を売るなら、現金化の早さを活かしましょう。金の売却は迅速かつ手続きが簡単であり、必要な現金を迅速に手に入れることができます。また、眠っている資産を活用することで、有効な資金を手に入れることもできます。ただし、売却時には信頼できる業者を選ぶことが重要です。

眠っている資産活用

最後に、金を売ることによる眠っている資産の活用について考えてみましょう。

使っていない金製品は、そのまま保管しておくよりも買取に出すことで新たな資産を生み出すことができます。眠っている金を売ることで、金の価値を活用し、有効な資金として使うことができるのです。

金を売ることで得られる現金は、様々な目的に活用することができます。例えば、将来の投資に利用することができます。金を売り、その資金を株式や債券、不動産などの投資に回すことで、収益を上げることができるかもしれません。また、教育費や家族の経済的なサポート、旅行や趣味に充てることもできます。

金を売ることで得られる資金は、生活費の足しにすることもできます。特に急な出費や予期せぬ出費が発生した場合、手元の金を売ることで現金を手に入れ、必要な支出をカバーすることができます。金を売ることによって、緊急時の資金調達がスムーズに行えるのです。

また、金を売ることによって不要なものを整理し、シンプルなライフスタイルを実現することもできます。使わなくなった金製品は、ただ眠っているだけではなく、価値のある資産として活用することができます。無駄なものを手放し、必要なものに絞ることで、心身ともに軽やかな生活を送ることができます。

金を売るなら、眠っている資産の活用も視野に入れてみましょう。金を売ることで得られる資金を、将来の投資や生活費の足し、整理整頓に役立てることができます。ただし、売却時には信頼できる業者を選び、適正な価格を確保することが重要です。

まとめ

この記事で学んだ金を売るための手順とポイントをまとめます。

前提知識の習得

最後に、金を売るための前提知識の習得について考えてみましょう。

金を売る前には、基本知識を押さえておくことが重要です。以下に、前提となる知識についてご紹介します。

まず、金の価値を知ることが大切です。金の価値は重さだけでなく、純度と現在の金相場によっても変動します。金の純度を把握し、現在の金相場をチェックしておくことで、適切な査定が行えます。

次に、金製品の種類についても理解しておきましょう。金製品には金貨、金の装飾品、歯科用の金などがあり、それぞれに価値が異なります。自分が持っている金製品がどの種類に属しているのかを把握し、査定時の参考にすることが重要です。

また、金を売る際には買取店の選び方も考慮しなければなりません。信頼性や口コミ、査定方法や価格の公正性などを確認し、評判の良い店舗を選びましょう。心許なく取引をすることができる信頼できる業者を選ぶことは、スムーズな取引のために重要です。

さらに、適切な売り方も覚えておくことが大切です。金の重さや純度などの情報を事前に把握し、自分で査定額が適正かどうか判断することができます。また、複数のお店で査定を受けることで、査定価格を比較し正確な査定額を判断することができます。

金を売るなら、前提知識の習得が必要です。金の価値や金製品の種類、買取店の選び方、適切な売り方などの基本知識を押さえ、自分の金を最大限に活用しましょう。しかし、知識だけでなく、実際の経験や情報も重要です。信頼できる業者との取引を行いながら、自身の知識と経験を積み重ねていきましょう。

注意点と利点

最後に、金を売る際の注意点と利点について考えてみましょう。

金を売る際には、以下の注意点を押さえておくことが重要です。

まず、不明確な査定額には注意しましょう。査定額が不明確な場合は、査定結果の根拠や理由を問い合わせることが大切です。適正な査定価格を確認するためにも、明確な説明と根拠を求める姿勢を持ちましょう。

また、強引な営業にも注意が必要です。急いだ契約や取引には慎重に対応し、自身の意思と利益を守ることが重要です。冷静な判断をし、自分に合ったペースで売却を進めましょう。

さらに、金を売ることの利点も考えてみましょう。

一つ目の利点は、現金化の早さです。金を売ることで、すぐに現金を手にすることができます。緊急の資金調達や眠っている資産の活用に役立ちます。

二つ目の利点は、眠っている資産の活用です。使わなくなった金製品を売ることで、新たな資金を得ることができます。その資金を投資や生活費の足し、整理整頓などに活用することで、有効な資産を生み出せます。

三つ目の利点は、金の価値の保持です。金は経済や通貨価値の変動に影響を受けにくく、その価値は比較的安定しています。そのため、金は資産の保全として選ばれることがあります。

金を売るなら、注意点と利点を把握しましょう。注意点に気をつけつつ、金の利点を活かし、適切な売却を行うことが求められます。金の売却を通じて、必要な現金を手に入れると同時に、眠っている資産を有効活用することで、資産運用をより効果的に行うことができます。

最後に

貴重な金を売るためには、適切な知識と準備が何よりも大切です。

自分に合った方法を選ぶ

最後となるポイントは、金を売る際に自分に合った方法を選ぶことです。

金を売る方法には、買取店や業者への持ち込みや出張査定、郵送による買取など様々な選択肢があります。自分に合った方法を選ぶことで、便利さや利益を最大化することができます。

一つ目は、買取店への持ち込みです。直接店舗に足を運び、査定を受けることができます。査定時には金製品を確認できるため、査定の透明性が高いと言えます。また、店舗での対面査定によって疑問や質問を直接相談することも可能です。

二つ目は、出張査定です。業者が自宅や指定場所まで出張し、査定を行ってくれます。時間や移動の手間がかからず、自宅から出ずに売却ができる利便性があります。ただし、業者の信頼性や査定の丁寧さに注意しながら選ぶことが大切です。

三つ目は、郵送による買取です。金製品を梱包して業者に送り、査定結果や買取価格を受け取る方法です。手間や労力を軽減できる一方、郵送のリスクや不安も考慮しなければなりません。信頼性の高い業者を選び、追跡番号の付いた配送業者を利用することが重要です。

自分に合った方法を選ぶ際には、利便性や安全性、信頼性など複数の要素を考慮しましょう。自分のスケジュールや希望、金製品の種類や量に合わせて最適な方法を選ぶことで、スムーズかつ効果的な取引を行うことができます。

金を売るなら、自分に合った方法を選びましょう。持ち込み、出張査定、郵送などの方法を比較検討し、自分にとって最も便利で安心できる方法を選ぶことが大切です。自身のニーズと金製品の特性を考慮しながら、最適な取引方法を選んでください。

金貨の活用も

最後となるポイントは、金貨の活用も考えることです。

金貨は、金の純度が高く、貴金属としての価値が高いものです。金貨はコレクターアイテムとしての需要もあり、長期的な価値の保持が期待できます。

金貨を持っている場合、それらを売るだけでなく活用することも検討してみましょう。金貨は将来的な価値の上昇を期待することができます。価値が上昇した時に売却することで、より高い利益を得ることも可能です。

また、金貨は投資や資産運用にも活用することができます。金貨を購入し、将来的な価値の上昇を狙った長期投資を行うこともできます。金は経済の変動に対して比較的安定した価値を持ち、インフレリスクへのヘッジとしても機能します。

さらに、金貨は贈り物や贈答品としても適しています。特別なシーンや記念日、祝い事などに金貨を贈ることで、喜ばれることがあります。金貨は高級感や価値があるため、贈る相手にとっても特別な思い出となるでしょう。

金を売るなら、金貨の活用も視野に入れましょう。金貨は長期的な価値の保持や投資、贈り物としての活用も期待できます。金貨を売るだけでなく、将来の利益を見越した賢い選択をすることで、より効果的な資産運用を行うことができます。自身の目的やニーズに合わせて、金貨の活用方法を検討してみましょう。

買取のやまとや
買取のやまとや
お客様が安心して不用品売却ができるよう、丁寧な査定を心掛けて買取を行っています。拠点の練馬区より無料にて出張査定をいたします。「値段が気になる」とお考えの方はお気軽にお問い合わせください。
買取のやまとや

〒178-0064

東京都練馬区南大泉1-47-11

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG